ダイエットと体重

正しいダイエットをすると、体重が減らない(増える)ことがあります。
体重だけをダイエットの基準にするのは、誤りです。
また、単純に食餌量を減らすダイエットも、誤りです。

==========================

パソコンの生徒さんが、授業前にこんな話をしてくれました。

健診で「メタボの疑いあり」と言われたので、スローステップ運動を始めた。
1か月続けているのに、体重が1kgしか減らない。


こういう場合、体重を基準にするのは、あまりよくありません。
場合によっては、増えることもあるんです。

継続的な運動を開始すれば、筋肉が付きますから、
増えた筋肉量が、減少した脂肪量より多ければ、体重は増えちゃいます。
この生徒さんは、通っている運動教室では、優等生に躍進したそうです。
筋肉量が増えて、成果が上がりつつある、ということです。
この話を聞いて、ボクは絶賛してしまいました (^-^)//””パチパチ


「筋肉」というと、「マッチョになりたくない」と拒絶する女性がいます。
でも、ダイエットの目的は、
「干からびた妖怪オジジ・オババになる」ことじゃなくて、
「健康で美しい肉体を得る」ことですよね。
だとしたら、適正な筋肉はぜったいに必要。

筋肉は「大飯喰らい」ですから、維持するには、かなりのカロリーが必要です。
しかも、けっこう重い
キチンと体幹筋を付ければ、体重は減らなくても、姿勢が良くなるし、
太りたくても、なかなか太れない体質になっちゃいます。


・適正な食事と、適度な運動を継続する。
    ↓
・筋肉が増加する。
    ↓
・脂肪が、徐々に減少する。
    ↓
・スタイルが良くなる。

という順番になります。
いきなり、脂肪だけザックリ落とそうなんてすると、
正しい循環が生まれなくなっちゃいます。


「1か月で、10kg減!」
「○○ダイエットで、ウェストが-20cm!!」
なんてコマーシャルが氾濫して、そんなのを目指してしまいがちですが、
良い循環がないのに、良いスタイルなんて維持できるハズがない。

バナナばっかり食べてたら、
からだが、だいじな筋肉を作ろうとしても、作れない。
結果として、目先ちょっと体重が減っても、やせられない体質になります。
バランスのいい食事を、充分に摂るべきです。


体重ではなく、何を基準にしたらいいかというと、
最初の数か月は、「外見」と「運動能力」に注目するのがオススメ。

裸で鏡の前に立ち、自分をじっくり見ます。
これは、とってもだいじ。
よく見てあげるだけで、変わるんです。
とくに、姿勢が良くなってきたか、確認してみてください。

それから、ふだん、歩いたり走ったりして、疲れにくくなったかどうか。
筋肉が付き始めると、だんだん疲れにくくなります。



ボクは、ダイエットが大好きなんです。
「趣味は、ダイエットです」と言っちゃうくらい。
でも、食事は、充分に摂っています。
(バランスは、かなり気を遣いますが。)
コンニャクばっかり食べるような、アホなことはしません。

50前のオッサンにしては、まずまずの体型を維持していると思います。
だから、見せたくって、しょうがない。
女性に、「安田くん、ダイエットが好きなんだって?」なんて言われたら、
すぐに脱いじゃいそう。 ←変態


仕事も勉強もダイエットも、邪道が繁栄することはない。
正道を、地道にコツコツと歩くことが、長い目で見るといちばんの近道。
邪道に惑わされることなく、
地道に、正しいダイエットをしていきましょう。

test ad